<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 星の王子さま | main | 最近思うこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
少女パレアナ


 「少女パレアナ」とうい本を知っていますか?この本は、私の好きな本の1つで、私が高校生のときに出会いました。

 私の通っていた高校は、中・高一貫のキリスト教の女子高でした。そのため、毎日、一日がお祈りから始まりお祈りで終わる日々を送っていました。(今思えばとてもよいひと時を過ごしていたかなぁと思います。今は‘祈る’時間さえ設けていませんが、‘祈る’と心が落着きますよね。)

 この「少女パレアナ」は本の題名通り、主人公が「パレアナ」という少女です。パレアナは、どんなことからでも喜ぶことを捜し出す「何でも喜ぶ」ゲームをしていました。自身に‘つらい’ことや‘悲しい’ことが起こっても、それらすべてを‘喜び’に変える。また、自分ばかりではなく、他人にももちろんおなじ‘ゲーム’をします。

 私は、そんなパレアナの真摯な心の持ちように、とても心打たれました。私は、嫌なことがあったら、それを嫌な出来事ととらえます。悲しいこと、つらいことがあっても同じ。でも、うれしいことは、きちんとうれしいととらえ、表現します。

 私は、パレアナのように、素直で純粋な心の持ち主ではないけれど、生きていく上で‘喜ぶ’ことはきっと大切なことなんだと思いました。どんな境遇におかれても、前向きに考えられる姿勢は、自分の心をとても豊かにしてくれるし、周りも変わってくると思います。

 パレアナのように、すべてに‘喜ぶ’ことは、これからもないような気がします。しかし、前向きに考えていくことは、していこうと思いました。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iku-h.jugem.jp/trackback/9
この記事に対するトラックバック