<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
最近思うこと
 最近、なんか自分がちょいとだけ変わった気がします。
何がってねぇ…、ん〜…、少し第3者的に物事をみれるようになったかなぁ。(こんなこと、自分で言うか!?なんて思わないでね。(笑))

 物事行動起こすとき、自分が妙にゆっくり。ん〜っと、昔っからゆっくりなとこあったんだけど、肝心なトコで慌てて、おまけに抜けてて、ただの‘のろま’だったのだよね。(あ、でも今もそうかもしれないね。)

 でもね、それが少なくなった。去年より、時間にゆとりができたからかなぁ、なんて思ったりもしたのだけど、なにか違う。例えばね、今日なんて授業開始の25分前に起きて(2度寝だけど…)、「今日は絶対遅れる〜。でも、なんだか間に合いそう…ん〜っと…」なんて考えてたら、本当に間に合ってしまった。しかも、授業前に購買寄って、それでも、授業開始10分前に教室到着という信じられない速さだったのだよ。

 「そんなの、ただ身支度きちんとしなっかったり、ごはん食べなかっただけでしょ〜?」なんて思う人がいるかもしれないけれど、何か違うのだよね。ん〜っとね、時間がなくて慌てる前に、自分が今どのような状況に置かれてるか、そして、どのように行動したらよいか瞬時に考えられた気がするんだよね。

 「コレって、別に第3者的な物の見方じゃあないよ〜」なんて思う人がいるかもしれないけれど、ちょいと待った。今までの私は、この例で考えてみると、時間がない=まず慌てる、といったスタイルでした。でもね、時間がない=さあ、どうする?と考え直しすことが少〜しだけ、できるようになった気がする。

 ここの部分が、第3者的な見方かなぁ、なんて自分で解釈してるんだけど、実際のトコはどうなんでしょ??まぁ、別にそんなことはどうでもいいか。要はね、3月までの自分と若干違うかも、なんてことをみなさんに報告しときたかったのさっ。

 次、会うときが楽しみだねっ!(←私だけ…?)

 それはそうと、ズイブンと更新をしていなかったなぁ。あれこれやってて、何気に毎日忙しかったのだよ。(ちょいと言い訳してしまいましたっ)これからも、毎日更新にはならないかもしれないけれど、1週間のうちには必ず更新するのでみんな見てね〜
- | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
少女パレアナ


 「少女パレアナ」とうい本を知っていますか?この本は、私の好きな本の1つで、私が高校生のときに出会いました。

 私の通っていた高校は、中・高一貫のキリスト教の女子高でした。そのため、毎日、一日がお祈りから始まりお祈りで終わる日々を送っていました。(今思えばとてもよいひと時を過ごしていたかなぁと思います。今は‘祈る’時間さえ設けていませんが、‘祈る’と心が落着きますよね。)

 この「少女パレアナ」は本の題名通り、主人公が「パレアナ」という少女です。パレアナは、どんなことからでも喜ぶことを捜し出す「何でも喜ぶ」ゲームをしていました。自身に‘つらい’ことや‘悲しい’ことが起こっても、それらすべてを‘喜び’に変える。また、自分ばかりではなく、他人にももちろんおなじ‘ゲーム’をします。

 私は、そんなパレアナの真摯な心の持ちように、とても心打たれました。私は、嫌なことがあったら、それを嫌な出来事ととらえます。悲しいこと、つらいことがあっても同じ。でも、うれしいことは、きちんとうれしいととらえ、表現します。

 私は、パレアナのように、素直で純粋な心の持ち主ではないけれど、生きていく上で‘喜ぶ’ことはきっと大切なことなんだと思いました。どんな境遇におかれても、前向きに考えられる姿勢は、自分の心をとても豊かにしてくれるし、周りも変わってくると思います。

 パレアナのように、すべてに‘喜ぶ’ことは、これからもないような気がします。しかし、前向きに考えていくことは、していこうと思いました。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
星の王子さま


 突然ですが、私の好きなものの1つに、「星の王子さま」があります。
星の王子さまを好きになったのは、今から7年前の夏休みでのこと。当時の私は中学3年生でした。私は、この夏休みを利用して、カナダに行ってきました。

 初海外で、3週間のホームステイ。かなり、どきどきしてました。私が通っていた学校が主催した企画だったので、同行した人たちは全員生徒or先生。まぁ、安心できました。

 そこで、私は一番年下の学年だったので、先輩たちにとっても面倒をみてもらっていました。ある日、そのなかの一人の先輩が、なんだかかわいらしい素朴なT−シャツを着てきました。普通のプリントT−シャツだったのですが、なぜだか私を惹きつける…。???。

 それをよくよく見ると、星の王子さまではありませんかっ。私は星の王子さまの存在は知っていたけど、今まではそんなに興味を示したことがありませんでした。ですが、先輩の着ていたTーシャツを見た瞬間、なぜだか一目ぼれしてしまいました。(そのT-シャツを着ていた先輩が可愛らしかったから、T−シャツまでも可愛く見えたのかな…?)以来、私は、星の王子さまが好きになってしまったのです。日本に、星の王子さまのミュージアムがあるみたいなので、是非とも行きたいですっ。

 そうそう。ちなみに、今年は星の王子さまの作者、サン=テグジュぺリの生誕100周年だそうですよ。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
CRAFTS FAIR MATSUMOTO 2006


 松本では、毎年5月下旬の土・日になると「CRAFTS FAIR MATSUMOTO」というクラフト展をするそうです。一昨日、テレビで放送していて、少し興味があったので、昨日そこに行ってきました。

 そこでは、陶器、ガラス類、木工品etc.いろいろな‘手作り’なるものが売られていました。松本で開催されているからか分かりませんが、木工品の数の多いことっ!手作りであるから、1つ1つ姿形が違っていて、とっても味のある作品ばかりでした。

 それと…、気になったんだけど、最近って自分で糸ひいて布作って鞄やら服やら作るのが流行ってるのかな…?今日行ったら、ものすごい種類の糸やら蚕やらその糸をひく器械やらが売られてました。コレって、最近になってからですよねぇ…?

 ナチュラルライフが人気上昇中の今日この頃。人気になる理由が分からなくもないけど、それって、もともと何もなかった時代にその頃生きていた人たちが、生きていくうえで必要だから出てきたものだよねぇ…?(なんかうまく伝わってないかも…)ナチュラルライフは、私も目指そうとしているけれど、みんな、どこまで追及するんだろうねぇ…?ちょっと不思議。

 それはそうと、忘れちゃいけないことがありました。今日の上の写真についてです。もちろん、この写真もクラフトフェアで売られていた品の1つです。しかも、今日、私が一番惹かれた品。…と、言っても買ってませんが。(本当は、すごく欲しかった!でも、ちょいと値段に手が届かなかった…(泣))

 これは、ステンドグラスでできている、ランプです。名前は、「てくてく」。可愛い名前ですよね。最初、芝生の上に横倒しにされていて、でも、すごくキレイだったから、なんだろう…?って思って眺めていました。そうしたら、お店の人が説明してくれました。赤、緑、青、紫、オレンジなど、カラフルな色ばかりのステンドグラスのランプ。その近くに、明かりを灯した写真が置いてあったのですが、明かりを灯した色がまたさらにキレイなこと…。

 ステンドグラスのランプは、明かりを灯す前と後とでは、ガラスの色が全く変わっているのに驚きました。赤は薄いピンク、緑は黄色、青は黄緑、紫はピンク(若干赤と違うのですが)、そしてオレンジはさらにオレンジ色が増していました。

 美しくて、しかも、心が癒されそうなランプでした。ちなみに、このてくてくは、ここのお店の人が作ったそうです。(私は、それを聞いてかなりびっくり。)朗らかでいて、ふんわりとした雰囲気をもった方でした。たぶん、このてくてくたちも、そんな彼女の思いが伝わったんだろうなぁ、なんて思いました。いつか、こんなステキなランプのある部屋で暮らしてみたいなぁ、なんて思う今日この頃です。。。

このランプの製作者さんのHP、載せときます↓。
staind glass aya.
URL http://www.k5.dion.ne.jp/~ayarizm/
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
nakata
 
私は、確か去年の9月ごろから、急にサッカー選手のナカタに非常に興味を持つようになりました。それまでは、ナカタは山梨県甲府市出身(←あまり知られていないのが悲しいです。)で…ほかに何かあるのかな?など、ほとんどナカタに関心を寄せていませんでした。
 
 ではなぜ、ナカタに興味を抱くようになってしまったのだろうか…?と、コレを読んでくださっている皆様はきっと思ってると思うのですが(そんなことはない…ですかね?)、実のところ自分でも分からないのです。たぶん、たまたま本屋さんで目に入った雑誌に、ナカタが載っていて、それを読んで興味を持ったのだと思います。そして、気づいたらものすごいファンになってしまったのです。

 ん〜…、かなりあやふや。

 でも、ナカタに関する情報を細々とですが集めていると、彼の考えに、ものすごく共感してきます(確か〜、雑誌で初めてナカタの記事を読んだとき、そこで初めて彼の考えに惹かれたような気もするのですが…)。自分の信念をしっかりと持ち動じない、そんな強さを持つ一方で、柔軟性があり人を気遣う、とてもとても優しい人だ、と私は思います。なんか、もっと良い言い方があるのだと思うのですが、うまく書けません。ごめんなさい。(語彙力+文章能力のなさに反省中。)
 
 もうすぐ、ワールドカップですね。是非とも、ナカタに思いっきりワールドカップを楽しみ、自分なりのサッカーをしてきてほしいと思います。
- | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
苦労
 今日は特に何って、思い当たる出来事はなかったので、このあいだ授業できいて心に残ったことを、ちょこっとお話します。

それは、助産のS先生の授業でのことでした。
 
現在、私は看護学生の3年生です。看護の3年生は、実習が始まる学年にあたります。私はすでに実習を経験したのですが、ほとんどの3年生は実習が終わっていません。そこで、S先生は実習について話始めました。
 
「実習ってそんなに大変…?」私は、去年の実習を思い出すと、「いやいや、先生。それは、もう大変でたまらんかったですよ〜。」と心の中で叫んでいました。ですが、S先生はみんなの反応を見た後、「ん〜…、そうねぇ。」を皮切りに、先生のこれまでの体験談を少しお話ししてくださいました。そして、S先生も大変なことがあったこと。そのときの心情や思い出などを語ってくださいました。そんなときに当時のS先生の先生から、「苦労は、買ってでもやりなさい。」と言う言葉を与えられたそうです。
 
私は、そんな…という感じで聞いていました。でも、よく考えると怠けてばかりでいては、けっしてよいことは訪れないと思いました。まだ私は世の中のことをこれっぽちも知らない、世間知らずです。なので、‘苦労’とういう言葉を理解できていないと思います。近い将来、私も働くわけですが、どんな苦労があろうとも、決して背を向けずに、しっかりと受け止めて、乗り越えていけたらいいな、と思ってます。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Bad English Is Better Than Knowing English!

今日はワケあって、写真での記事です。
時間と余力があったら、また詳しい内容を書きます。><
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
lesson


今日は今年から新たに入った‘オーケストラ’にて、ヴィオラのレッスンをしてきました。大学生活は2年しかないにも関わらず、今まで経験したことのない、‘ヴィオラ’に手を出すなんて驚きもの。私のチャレンジ精神はどこまで続くのやら…?
- | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
暑いっ!
今日はすごく暑かった。

午前中は、授業がなかったから部屋にいて、そのときは暑くも寒くもなくて、「今日はちょうどよい天気だなぁ」なんて思っていたのに、外に出てびっくり。
暑い、暑い…。

紫外線が強いと言われる松本。今日はじりじりと、私の肌を焼いていたように思います。日焼けしやすい私にとっては、ものすごく痛い日…だったかな…(苦笑)。

ちなみに、私は天気は‘くもり’が好きです。あっ…小雨の降る日もいいかなぁ。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
とうとう…
やっと…、ブログはじめました。

初めての記事で何を書き入れようか、ず〜っと悩んで(何気に忙しかったってのもありますけどね・・)、ついに5月も残すとこ、あと2週間。
いつの間にって感じですね(笑)。

最近はね…、松本に引っ越してきてようやく落着いた感じです。
新たなサークル(?)に入ったり、友達も新しくできたりで、京都にいたときとは違った生活を送ってます。

昔から、自分で何か興味深いものを見つけては、一人で楽しんでることが多かったのですが、やはり松本に来ても相変わらず。その内容は、後々、報告します。おたのしみに〜
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)